業務内容

ホーム > 業務内容 > 技術開発・販売業務

技術開発・販売業務

電気通信設備の維持管理を通して
得たノウハウをもとに事業領域を広げています。

設立から首都高グループの一員として、電気通信設備の維持管理を通し、首都高速道路の優れた交通機能を支えてきました。その間に、様々な面で新しいニーズが生じ、技術が進化し、その度に私たちにノウハウが蓄積されてきました。
環境配慮への視点から開発した「エコバッテリー」をはじめ、エコバッテリーを活用したエコ標識車などの開発・販売へ展開いたしました。
最近では高所作業車の視認性に着目したフレキシブルLED点滅ライト「フレピカ」を開発・販売いたしました。
これからも新しい技術を活かす製品の開発・販売を行っていきます。

<エコバッテリーと鉛バッテリーの比較表>

エコ標識車

エンジンからの電力を用いず、搭載したエコバッテリーの電力で標識類が10時間以上稼働します。エコ標識車の導入により、燃料費、CO2の排出・騒音の削減を実現します。環境と経営に優しいこれからの標識車です。
(使用バッテリー:24V-75Ah×2台)

ecoサインカーmini

エコバッテリーを電源とし、軽自動車、液晶TVモニター等の採用によりコスト削減を実現した環境と経営に優しい「eco サインカー mini」は様々なシーンでも活用が期待されています。
(使用バッテリー:12V-80Ah)

携帯電源装置

内蔵するエコバッテリーに電力を蓄え、交流100V(正弦波)で出力します。
停電時や野外使用に重宝するキャリーカートタイプの携帯電源装置です。
(使用バッテリー:12V-64Ah)

磁粉探傷装置

当社で開発した磁粉探傷装置は、照明ポール基部における磁粉探傷試験において、ポール全体をループコイルで巻き電流を流すことにより1回で4箇所同時に磁化することができます。また、狭い箇所の試験も容易です。

エコバッテリーに加え、時代のニーズに
合わせた製品開発をこれからも取り組みます。
詳しくはコチラ。

業務内容一覧へ戻る